一人暮らしのポイント色々 あなたのお住まいの地域はドコ?

一人暮らし

「面白そう」「インテリアが楽しめる」「自由」といったプラスのイメージが強くもたれる一人暮らし。しかし、実際には「え?」「マジで??」「無理!」といった過酷な現実が・・・。そんな過酷な生活から誕生した失敗談(実話)とともに、一人暮らしとは何たるやを勉強してみませんか?皆さんが楽しい一人暮らしを過ごせますように・・・と、祈りを込めてこのサイトをお送りします♪

ハッピーな一人暮らしを送るには?

失敗やハプニング・・・そんなマイナス面に立ち向かうべく、ここでは一人暮らしをとことん楽しむための秘訣をご紹介します。今現在一人暮らし中の人だけでなく、これから一人暮らしをしようと思っている人も参考にしてください♪


一人暮らしのコツ《余裕》

時間やお金だけでなく、気持ちの面でも常に余裕を持ち続けましょう。「余裕」なくして「ハッピーな一人暮らし」はあり得ません。余裕のなさが失敗を生み、その失敗からさらに余裕がなくなる・・・という悪循環の堂々巡り。これじゃ、せっかくの一人暮らしも楽しくありませんよね? 色んな面で「余裕」のある一人暮らしを送りましょう。

一人暮らしのコツ《妥協》

部屋探しやインテリア・・・と一人暮らしには欠かせない重要ポイントでちょっとした妥協をしてみましょう。妥協するということは、一定のこだわりを捨てること。このこだわりを捨てきれずに突進すると、あとあとお財布が大変なことに。経済的に余裕がなくなると、自分色に染めたはずの一人暮らしも楽しくありませんよ。

一人暮らしのコツ《切替》

一人暮らしに失敗は付き物。でも、いつまでも失敗を引きずってはいられません。気持ちを切り替えて、次に起こるべく失敗に立ち向かっていきましょう。また、一人暮らしは時間が勝負。有意義な一人暮らしを送るためにも、時間配分は重要な要素になってきます。気持ちを切り替えて、時間を有効に使っていきましょう。

一人暮らしのトラブルって?

一人暮らしでは「1人」という状況から思わぬトラブルに遭遇しがち。中でも、一番身近なものは「病気」。なんの心構えもなく突然襲ってくる病気や怪我は、一人暮らしでは予想以上に心細いもの。さらに地震や火事といった「震災」も、一人暮らしではパニックになりがち。また、いわゆる「訪問販売」もトラブル要因の1つ。はたまた、自分自身の不注意によって引き起こされるトラブルも・・・。例えば、電気代を払い忘れたことで起こる「停電」や、鍵を紛失することで発生する「部屋に入れない!」というトラブル・・・これも一人暮らし特有のトラブルといえるでしょう。でも、こんな不注意によって発生するトラブルは、終わってみると笑い話。ある意味「一人暮らしの醍醐味」として前向きに捉えたほうがいいかも♪

一人暮らしとは?

そのように問われたとき、みなさんはどう答えますか?「自立」「孤独」「自由」色んな答えがあると思います。私は、一人暮らしのマイナス面を乗り越えた段階で「自立」という答えを出すでしょう。一人暮らしって自分を成長させてくれる、いわば「試練の道」だと思っていますから・・・♪

Name:エリ  Age:永遠の18歳

明るくて活動的。笑顔もステキな女性エリ。本当に「なんていいお嬢さんなんだ」と思うのですが、唯一最大の弱点が“天然”であること。その天然ぶりから生み出されるナイスな失敗談は他の追随をまったく許さない。というより実話しか集めていないはずなのに「ここを見に来た人が信じてくれなかったらどうしよう・・・」と不安を覚えてしまう恐ろしい27歳毒身女性。


…しかしながら、さすがにエリも一人暮らし歴が長くなって、だいぶ落ち着いてきたようです。
寂しいね。…と思ったらこの間「ペンギンって哺乳類だよね」とか言うし。おぢさん悲しいような嬉しいような。


Name:もっちー  Age:華の37歳

しっかり者で雑学王に君臨しつつ、ちょっとしたことで頬をポッと染めるかわいい一面も。また、エリに的確なアドバイスをくれる良き理解者でもある。

このサイトを立ち上げる中、さまざまな失敗談を聞くたびに「可哀相に・・・」という哀れな眼差しをエリに送る・・・が気付かれない。また、「こうしたほうがいいよ」というアドバイスも「あぁ〜・・・」とやはり気付かれない。

しかし、そんなもっちーも失敗だらけのエリにとっては大切な保護者。とはいっても、まだ37歳(華の独身)。エリの保護者をしている場合じゃない・・・よね??


ページの先頭に戻る