一人暮らしのポイント色々 あなたのお住まいの地域はドコ?

家具

エリの失敗談

ある日、フラッと立ち寄った家具屋さんで理想の飾り棚を発見。「これだ!」と即決した私に対して、店員さんが「でも、これ組み立て式ですけど大丈夫ですか??」と一言。「全然大丈夫で〜す」と余裕で返答するものの、店員さんはちょっと不安顔。理想の棚が手に入った私は、ルンルン気分で帰宅。早速、ダンボールをこじ開けて組み立て開始!・・・ところが、予想以上に難しそう。「まぁ、やれば出来るでしょ!」と強気な私は、まず板に杭を打ち込む作業をすることに。「え〜っと、この板にこれを打ち込んで・・・」と説明書を確認しながら、木製のトンカチで勢いよく「バン!!」・・・はい、割れました。心の中で「しゅ〜りょ〜(終了)」という叫びとともに、お店に抗議したのは言うまでもありません。

もっちーアドバイス

昔は「家財道具」と言われていた家具も、今では「飽きたら捨てる」という時代になりつつあるのでしょう。組み立て式の家具はリーズナブルな価格で人気を博しつつ、このようなトラブルも続発しているようです。購入の際は組み立て方法を確認し、自分で出来そうにない・・・と思ったら多少の手数料を覚悟した上でスタッフにお願いするようにしましょう。

参考:敷金について

初めての一人暮らし♪憧れの一人暮らし♪気に入った家具を選んで少しずつ買い揃えていこうかな〜なんて思っていた私が甘かった!!初めての一人暮らしって、本人は浮かれてるけど親はやっぱり心配なんですよねー。当然家具選びにも同行してくれるママン。ママンの基準は安いかどうか!私の希望はことごとく却下され、色やデザインの統一性なんて全くない家具が次々に選ばれていきました…。そして極めつけはカーテン!!カーテンは無地のものがよかったのに、ママンが突然「西の方向に黄色いものがあるといいんだよ!ほら、ここに黄色のカーテン!!」と黄色地に変な柄のカーテンを手に取ったのです。「それは、いや!」と言ったのに「黄色は金運アップするんだから、これにしよう!これがいいわ!」とムリヤリ購入…。ああ、私のオシャレ生活はどこへ?

もっちーアドバイス

(笑)・・・「親の心、子知らず」という言葉があるように、「子の心、親知らず」といったところでしょうか? でも、親が子供の旅立ちを心配するのは当たり前のこと。ただ、1つアドバイスをするとしたら、やはり自分で住む部屋の家具選びは自分だけで行ったほうがよかったかも知れませんね。あとは「NO」といえる強い気持ちを持つこと。それにしても、この黄色のカーテンで金運はUPされたのでしょうか?? 少し気になるもっちーでした。

必要最低限な家具って?

新生活をスタートする上で、必要な家具ってなんですか? 人間が生きていく上で必要なもの・・・と考えていくと、必要最低限の意味がわかってくると思います。例えば・・・寝るために必要な布団(ベット)、ご飯を食べるために必要なテーブル、洋服をしまうために必要な収納家具etc。このくらいの家具があれば、人並みの生活を送ることが可能ですよね? お気に入りの家具を揃えたとしても、居住スペースが確保できなければ意味がありません。

部屋を広くみせる家具って?

それじゃなくても狭い部屋、いくら悩んでも大きさ自体は変わりません。でも、家具の種類や配置によっては部屋を広くみせることができます。快適なひとり暮らしを送るためにも、ちょっとした工夫をしてみませんか?

部屋や家具の色を統一しよう

部屋を広くみせるには、室内(家具も含む)を同系色で統一しましょう。特に、白っぽい色で揃えると空間スペースを強調でき、スッキリした部屋に見えますよ♪

低めの家具を選ぼう

家具の背丈を低めにすると、視界が開けて部屋が広く見えます。天井も広く感じられ圧迫感がなくなることから、精神的にもリラックスできる部屋になりますよ♪

収納家具を活用しよう

普段使わないようなものは、収納家具にしまいましょう。また、押入れやクローゼットなどの収納スペースを上手に活用することで居住空間を作り出すことができますよ♪

家具のまとめ

私自身、ひとり暮らしをスタートさせるとき「あれも必要」「これも便利」と必要以上の家具を揃え、最終的には邪魔になりリサイクルショップやアウトレットのお店へ売りに出した・・・という経験があります。
わからないことだらけのひとり暮らし、何をやるにも慌てがちなんですよね?
でも、ちょっと考える時間を作ってみませんか??
生活していく中で「これも必要だな〜」と感じたときに、初めてその家具を買う・・・そうすると無駄な出費を抑えることができますよ♪


ページの先頭に戻る